耐震診断・補強設計

耐震診断とは? 既存構造物を調査して安全性を診断することを耐力診断といい、地震に対する診断の場合を特に耐震診断といいます。診断は周辺地盤の状態、建物の基礎や状態、耐力要素の量や配置、経年による建物の劣化などを考慮し、現在の構造工学を元に行われます。簡単にいいますと、住宅やビルが地震に対してどの程度被害を受けにくいかといった地震に対する強さ、すなわち「耐震性」の度合いを調べるのが「耐震診断」なのです。

建築構造設計

常識的な価格でご相談に乗ります。 擁壁、地下車庫、在来木造住宅、2×4住宅から高層SRC迄、あらゆるニーズに応える構造設計のスペシャリストチーム。立地条件、建物形状は選びません。(斜面地等)日本全国どこでも可能。日夜、経済設計と危険設計の違い、過剰設計と安全設計の違いを検討、研究しております。コンピュータによる 一貫計算から保有水平耐力。及び、振動解析、CADによる図面作成等、現在の構造設計技術の最先端を歩めるよう、日々努力しております、設計図書の納期厳守。 敏速な行政対応、その他あらゆるサービス面においても納得いただける事をお約束いたします。まずはご相談からお待ち申し上げております。

空と地の家